Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
メインコンテンツに移動

VTube Studio利用手順(iPhone)

Live2Dモデル製作者向けではなく、利用者(VTuberさん)向けです。
最低限の導入のみです。

WindowsとiPhoneでの動作確認です。

対応機種(広告)

注意点

iPhone版は一般的にWebカメラ版よりもトラッキングの精度が高いとされていますが
Pro版を購入しないと1分でPCとの接続が切れる為、配信活動にPro版が必須です。

Webカメラでの利用手順はこちら
 

SteamからPC向けVTubeStudioをインストール

 

AppStoreからiOS向けVTubeStudioをインストール

 

PCで操作 設定画面について

インストールしたVTubeStudioを起動します。
設定画面の出し方を覚えて下さい。

 

フルスクリーンで起動されていてウィンドウモードにしたい場合は設定画面からウィンドウモードに出来ます。

 

PCで操作 キャラクターの追加

表示されたフォルダに、Live2Dのデータを入れて下さい。

データの階層イメージ
 

モデル選択画面からキャラクターが選択できるようになりますので、選択して表示させておいて下さい。

 

接続方法について

USBケーブル等を使用した有線接続
Wi-Fiを使用した無線接続が出来ます。

現在の記事では、Wi-Fiでの無線接続の方法を説明します。
Wi-Fiでの無線接続を行う場合は、現在のページを読み進めて下さい。

USBケーブルを使用した有線接続を行う場合、下記の記事をご確認下さい。

VTube Studio iPhone USB接続手順

 

 

では、ここからWi-Fiを使用した無線接続の説明になります。

 

PCで操作 iPhoneと接続準備

 

iPhoneで操作 PCと接続

ここからiPhone側の操作です。iPhoneでVTubeStudioを起動して下さい。

設定画面を開いて下さい。

サーバーを探すをタップ。

 

 

 

この状態でスマホの内カメラを顔に向けると、PCに表示されたキャラクターに表情などが反映されるはずです。

広告